2016年4月1日より、 Propalms TSE の販売を「株式会社プロパームス」に移管いたしました。
販売移管の詳細につきましては こちら をご覧ください。

アプリケーションの仮想化環境構築ツール Propalms TSE


Propalms TSEは、Windowsアプリケーションを仮想化したWindows Server群を集中管理して、マルチデバイスへ快適にアプリケーションを配信する仮想化ソリューションです。また、リモートデスクトッププリンティングのプリンタ管理を改善するための、最適な印刷環境を提供します。

 仮想化されたアプリケーションをマルチデバイスで利用可能
Windows、Linux、Mac OSのデスクトップ、iOSやAndroidのスマートデバイスから仮想化されたアプリケーションが快適に利用できます。
 煩雑なプリンタ管理をスマートに
個々が利用しているプリンタ固有の設定をターミナルサーバ側へ引き渡せる仮想プリンタドライバを自動生成し、ユーザとプリンタの管理を一元的に行います。
 ハイパーバイザー上の仮想サーバでの稼働が可能
Propalms TSEは、物理サーバだけでなく、ハイパーバイザー上の仮想サーバでもアプリケーションの仮想環境を提供します。さらに、ターミナルサーバOSがWidows Server 2008R2/2012と混在していてもアクセスコントロールが可能となります。
new! 『Propalms TSE Ver7.0 サービスパック1(SP1)』リリース!
最新版では、Windows Sever 2012R2、Windows8.1に対応し、 Ver7.0の周知の問題について修正致しました。
また、Propalms コネクションマネージャ(PCM)7.0.2に更新されました。
ページのトップへ

「Propalms TSE」概要

Propalms TSEは、クライント/サーバ型アプリケーションを始めとするWindowsの各種ビジネスアプリケーションを仮想化することにより、シンプルでスマートなマルチデバイスからセキュアアクセスを実現し、企業や組織の生産性を高めます。また、リモートアクセス環境下でのプリンタとアプリケーションの管理及び運用コストの削減も合わせて実現できます。

導入のメリット

  • システム構成に柔軟はアプリケーション仮想化の管理機能
    WindowsサーバOSの混在環境に考慮した管理機能と仮想プリンティングソリューションによる印刷データのネットワーク負荷軽減と印刷処理速度の善が図れます。
  • 業務スタイルの多様化に伴うアプリケーション仮想化環境
    クライアントデバイスに依存することなく、業務アプリケーションのセキュアなアクセス環境が構築できます。
  • RDS拡張によるセキュアなアクセス機能を提供
    RemoteAppシームレスモード,RDPシームレスモードのサポートによりパフォーマンスの向上と操作性が向上します。
  • 事業継続
    システム障害復旧、災害時の復旧、レガシーシステムの延命や各種データ保全等のBCP対策。

<クリックすると拡大します>


システム構成イメージ

Propalms TSEは、Windowsアプリケーションを仮想化したWindows Server群(物理・仮想)を集中管理して、マルチデバイスへ快適にアプリケーションを配信します。
社内での利用はもちろん、配信先デバイスとして、iOS・Androidのタブレットにも対応しているので、外出先や在宅勤務での利用も可能です。

システム構成イメージ

初期導入コストの軽減

マルチデバイスから仮想アプリケーションを使用する上で、基本的に必要となるユーザアクセス制御、アプリケーション制御、負荷分散、セキュリティ制御、サーバ構成情報表示等が全て標準機能となります。他製品のと同等機能を提供し、全てのPropalms TSEサーバを単一の管理画面よりトータルに管理できるシンプルな設計となります。他社製品に比べて、ライセンス定価で50%~70%であり、さらにPropalms TSEコンポーネントが軽いことから初期導入コストを抑えたアプリケーションの仮想化環境が導入が可能です。

また、ライセンス定価には購入初年度の年間サポートサービス費用が含まれており、日本語開発元である弊社が充実したサポートを提供します。


ページのトップへ

|