株式会社エアー

検索可能・ソート可能なクラウド暗号化|WISE Encrypt 製品概要






NTTソフトウェア様、富士通システムズ・ウエスト様に採用されたトーカナイザは、マイナンバー 取り扱いシステムに求められる < 仮名化 かめいか > への解を提供します。
WISE Encryptはマイナンバーの仮名化と個人情報の暗号化の両方を実現します。
トーカナイザの詳細はこちら→→→

What's New

NEW!
WISE Encryptの紹介記事が、マイナビに掲載されました。
掲載記事はこちら→→→


NEW!
WISE Encrypt、クラウド対応秘匿化ソリューションで、富士通システムズ・ウエストと協業!

「WISE Encrypt」バージョン3.1をリリース!!
「WISE Encrypt」バージョン3.1の新機能の詳細は こちら→→→

NTTソフトウェア株式会社様のWISE Encrypt採用事例をアップしました。
採用事例は こちら→→→


WISE Encryptの特長

ク ラウドデータは事業者によって暗号化され、保護され ていますが、これからは利用者がその暗号化の「鍵」を管理する時代。
暗号化ライブラリ「WISE Encrypt」なら、暗号化されたクラウドデータでも検索やソートが可能で利便性が保たれます。 さらに暗号化の鍵は、利用者側で管理できるので第三者はもちろんクラウド事業者側でもデータを解読 することができません。
画像: WISE Encryptの特長1 万一顧客データが盗まれても、被害を最小化できます。
WISE Encryptは、顧客サービス、カルテ、グループウエア、ワークフロー、メール、SNSファイル共有、プロジェクト管理など幅広い分野に対応するクラウド暗号化ソリューションです。
画像: WISE Encryptの特長2 これからは、「カギ」はユーザ側が管理する時代です。
WISE Encryptの暗号・復号処理に必要なカギはユーザ側で管理できます。クラウド側にはカギを預けませんので、クラウド業者側では暗号化されたデータの解読ができません。
画像: WISE Encryptの特長3 既存のクラウドアプリケーション・クラウドストレージ側の変更は不要です。
アプリケーションそのものは暗号・復号処理を意識する必要がないため、既存のクラウドアプリケーションやストレージをそのまま使用できます。また現行のデータベースの仕様を変更する必要もありません。
画像: WISE Encryptの特長4 データベースの利便性を確保したままセキュリティ対策ができます。
暗号化してもデータのソート・検索が可能です。
WISE Encryptは、クラウド上にあるデータをAES等で暗号化しますが、定型データについては、暗号化したままでソートや検索が可能です。また、Offiice系ソフトのファイルなど、非定型データについては暗号化されていることを意識せずに編集等の作業ができます。

WISE Encryptシステムイメージ

WISE Encryptシステムは、WISE Encryptライブラリをコアとするクラウド暗号化ソリューションです。

<クリックして拡大表示>

●3つのライブラリ
暗号処理を行うWISE Encryptライブラリ本体と、キー管理を行うキーマネージャとトークン処理を行うトーカナイザがあります。これらのライブラリを使ってユーザ様自身が自由にクラウド暗号化システムを開発することができます。

●ゲートウェイアプリケーション用 「Gateway Base」
WISE Encryptライブラリを使用してベンダー様が各種クラウドデータやクラウドアプリケーションを暗号化するためのプロキシシステム「Gateway Base」も提供しています。

●WISE Gateway for Cloud Storage
Googleドライブなどのクラウドストレージのクラウドデータ暗号化と、ユーザがキーを管理する仕組みを提供するアプリケーションです。WebDAV対応で共有アイテムも暗号化できます。(別製品)

WISE Encrypt
ライブラリ
WISE Encrypt 暗号処理ライブラリ
キーマネージャ
WISE Encrypt キー管理ライブラリ(オプション)
トーカナイザ
WISE Encrypt トークン処理ライブラリ(オプション)
Gateway for ...
WISE Encrypt を利用した各種クラウドデータ対応のForward Proxy 型アプリケーション。Gateway Base(オプション)によりベンダー様による実装が可能。
WISE Gateway for Cloud Storage
WISE Encrypt を利用したGoogleドライブなどクラウドストレージ対応統合型ゲートウェイアプリケーション(別製品)

ページのTOPへ▲

※TrustBindはNTTソフトウェア株式会社の登録商標です。Google Driveは Google Inc. の商標です。

 検索可能・ソート可能なクラウド暗号化|WISE Encrypt TOP

|