株式会社エアー


  • こんにちはゲストさん

BIRT Spreadsheet Engine

Excel形式ファイルを生成するJavaアプリケーション構築を実現する開発ライブラリ

BIRT Spreadsheet Engineは、Actuate e.Spreadsheet Engine/Formula One for Java の後継製品です。

BIRT Spreadsheet Engineへの移行についてはこちら

価格・動作環境

BIRT Spreadsheet Engine

価格

デプロイメント(サーバ)ライセンス

BIRT Spreadsheet Engine and API CPUライセンス:オープン価格

BIRT Spreadsheet Engineを使用して開発したアプリケーションをWebアプリケーションサーバなどにデプロイしてお使い頂くためのライセンスです。
Webアプリケーションサーバに搭載されている論理CPUコア数に応じたライセンスが必要です。

BIRT Spreadsheet Engine and API Desktop Deploymentライセンス:オープン価格

CPUライセンスと同様にBIRT Spreadsheet Engine を使用して開発したアプリケー ションを配布するためのライセンスですが、アプレットやJavaアプリケーションなど、クライアントPCに対してBIRT Spreadsheet Engine のライブラリごと配布するような場合は、こちらのデスクトップデプロイメントライセンスをご購入頂く必要がございます。
こちらは最小販売数が200、以降50ライセンス単位での販売です。

開発ライセンス

BIRT Spreadsheet Designer, Engine and API:オープン価格

BIRT Spreadsheet を使用してアプリケーションの開発を行う方向けのライセンスです。
BIRT Spreadsheetテンプレートの開発ツールと開発環境用のライブラリを含みます。

BIRT Spreadsheet Engineに関する価格・お見積もり・トレーニング・その他ご質問は右のボタンからお気軽にお問い合わせください

BIRT Spreadsheet Engine

動作環境

◆BIRT Spreadsheet Engine(Actuate 11SP4) 動作環境

BIRT Spreadsheet Engine and API(デプロイメントライセンス)

サーバOS Windows 7 Professional
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Sun Solaris 9, 10
IBM AIX 5L v5.3、v6.1、v7.1
Red Hat Enterprise Linux 6.1
Oracle Linux 5.5(Linux Kernel 2.2以降をベースとしたディストリビューション)
プロセッサ Windows: x86 互換, Pentium 550MHz 以上
Linux: x86 互換, Pentium 550MHz 以上
Solaris: サポートされるOSでサポートされる全てのハードウェア(x86互換を除く)
メモリ 3 GB (最小)
空きディスク容量 1.5 GB (最小)
JDK BIRT Spreadsheet Engine は、次のベンダから提供されるJDK 1.6 以降をサポートしています。
 Oracle (旧Sun Microsystems、旧BEA)、IBM、HP、Blackdown

BIRT Spreadsheet Designer, Engine and API(開発ライセンス)

サーバOS Windows 7 Professional
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
プロセッサ Windows: x86 互換, Pentium 550MHz 以上
メモリ 512 MB (1GB推奨)
空きディスク容量 255 MB
    • 活用シーン
    • 管理シーン
    • コンセプト
  • ご相談・ご質問・お問い合せ
  • お電話でのお問い合せ受付時間9:00?17:30(土日祝を除く)03-3587-9221