Dataiku オンラインデモ 参加報告 ~ IVIセンサーデータ活用技術研究分科会 ~

2020年08月20日(木) エアーニュース

7月30日(木)に開催された「IVIセンサーデータ活用技術研究分科会」で、
Dataikuを紹介しました。

IVIにおける分科会で弊社担当がデモを交えてDataikuの説明を行い、約60名に視聴していただきました。


■ 紹介内容 ■

AIシステムの導入を検討した際は以下のような課題が挙がります。

 1.機械学習モデルの性能の劣化をどう把握するか
 2.機械学習モデルによる予測結果の根拠を、どうやって説明するか

Dataikuではいずれも解決できますが、特に2について「予測結果の根拠が明らかになる」機能があるため
クライアントへ明確に説明できる、という点が好評でした。

また、Dataikuの歴史、GEアビエーションでの活用事例を紹介した上で、デモンストレーションを行いました。

 Dataikuの詳細はこちら >>>
 Dataikuの活用事例はこちら >>>
 IVI分科会の発表で使用した資料のお申し込みはこちら >>>
 デモンストレーションのお申し込みはこちら >>>

■ イベント概要 ■

【日程】 2020年7月30日(木)
【発表者】 株式会社エアー データソリューション事業部 Dプロジェクト
能町 卓志(Dataiku DSS L2 Advanced Design Certified)
【主催】 IVI(Industrial Value Chain Initiative)

※IVIは、人が中心のものづくりがIoT時代にどのように変わるかを議論し、
協調領域(各企業で共通にすべき部分)をリファレンスモデルとして、
相互につながるしくみを構築することを可能とします。
“ゆるやかな標準”でつながることを考えて、サイバーフィジカルな
生産システムで各企業のバリューを高める活動を進めています。
https://iv-i.org/wp/ja/about-us/whatsivi/

【開催形態】 オンライン
contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから