株式会社エアー


  • こんにちはゲストさん

移動プロファイルの運用に関連する問題を解消するユーザプロファイル管理ソリューション「Simplify Profiles」発売

2017年03月10日(金) プレスリリース

プレスリリース(PDF)の一覧はこちら>>


移動プロファイルの運用に関連する問題を解消する
     ユーザプロファイル管理ソリューション「Simplify Profiles」発売
~ ログオン遅延のイライラを解消!
     レジストリやGPO設定を省力化しファイル消失やシステムクラッシュを回避 ~


ITソリューションベンダー、株式会社エアープロダクト・カンパニー(所在地:東京都港区 執行社長(COO)森剛、以下エアー)は、本日、移動プロファイル運用に関連する問題を解消する、Tricerat社のユーザプロファイル管理ソリューション「Simplify Profiles」(シンプリファイプロファイルズ)の販売開始を発表します。

■いつでも、とこからでも同一なデスクトップ環境を確保できる移動プロファイル

官民を挙げての「働き方革命」対応の動きが本格化する中、Windowsのデスクトップ環境を「いつでも、どこからでもいつもどおり利用できる」ようにするには移動プロファイルの利用が欠かせません。

ローカルのユーザプロファイル(※)を別のパソコンからも参照できる移動プロファイルを利用することで、いつでもどこからでも同一のデスクトップ環境を提供することが可能になります。

■移動プロファイル利用における課題

しかし、そのためにはActive Directoryでの煩雑な設定が必要であり、ユーザログオンの処理時間が遅延するなど、システム管理側・ユーザ側の両方に負担がかかる以下のような問題があり、導入と運用の手間と利用側の負担をどう解消するかが課題となっていました。

  • 移動プロファイル利用にはグループポリシーでのレジストリ設定が必要
  • アプリケーションごとのログオン/ログオフスクリプトによるユーザ設定ファイルの設置が必要
  • ログオン・ログオフ時にActive Directoryへのネットワークアクセスが集中し、遅延が発生
  • 移動プロファイルの消失や、アプリケーションの異常終了の頻度が高くなる

■移動プロファイルの課題を解決するソリューション「Simplify Profiles」

「Simplify Profiles」は、このような課題を解消するユーザプロファイル管理ソリューションです。

  • 安定したログオンを提供
    Active Directoryサーバで既定のユーザプロファイルを管理し、SQL Serverで移動プロファイルを管理するという処理の分離によりActive Directoryへのネットワークアクセスの集中を回避します。その結果、ログオンの遅延や、ファイル/アプリケーションの障害が大幅に減少します。
  • 運用のシンプル化
    GUI管理ツール(Simplify Console)により、レジストリ設定やログオン・ログオフスクリプトの運用保守を一元化して容易にします。

■「Simplify Profiles」が向いている環境

「Simplify Profiles」は、大規模ユーザまたは複数拠点において移動プロファイルを利用している仮想環境の問題解決に有効なソリューションです。特に以下のような環境では、導入前には、20秒かかっていたログオンが1秒に短縮するなどの効果が期待できます。

  • 1万アカウントを越えるユーザ登録があるASP業者または組織
  • 1千アカウントクラスでも、拠点が多数あり、各拠点から仮想環境(同一Active Directory)にアクセスするような運用を実施しているASP業者、組織

■導入前と導入後のイメージ

「Simplify Profiles」導入前と導入後のイメージ


「Simplify Profiles」の詳細は、下記および以下の製品ページをご参照ください。
>>>Simplify Profiles 製品ページはこちら


【プレスリリースについてのお問い合わせ】
株式会社エアー
販売促進支援グループ
電話:06-6368-6080
Email:press@air.co.jp
【製品についてのお問い合わせ】
株式会社エアー プロダクト・カンパニー
第一営業部
電話:03-3587-9221
Email:pro-company@air.co.jp


■「Simplify Profiles」の基本機能

サーバ/PCの起動時

  • HKEY_LOCAL_MACHINE配下の指定レジストリ値をSQLサーバからロードして更新

サーバ/PCの停止時

  • HEKY_LOCAL_MACHINE配下の指定レジストリ値をSQLサーバへ退避保存

ユーザログオン時・セッション開始時

  • HKEY_CURRENT_USER配下の指定レジストリ値をSQLサーバからロードして設定更新、Windowsポリシーの設定更新
  • 指定ディレクトリ配下をコピー、指定ファイルをコピー

ユーザログオフ時・セッション終了時

  • HKEY_CURRENT_USER配下の指定レジストリ値をSQLサーバへ退避
  • 指定ファイルを指定ディレクトリに退避、指定ディレクトリ配下を別の指定ディレクトリへ退避

■Simplify Console画面例
Simplify Console画面例

■対応プラットフォーム:

 ・Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
 ・Windows Vista/7/8/8.1/10
 ・Microsoft Windows ターミナルサービス/リモートデスクトップ
 ・Citrix XenDesktop、VMware Horizon View、Ericom

■希望小売価格(税別):

 ・Simplify Profiles Ver.6 同時接続サーバ サブスクリプションライセンス¥100,080/年/台
 ※サブスクリプションライセンスは年間サポート料を含む、年間利用料金です。
 ※買い取りライセンスも用意しています。詳細はエアー製品サイトでご確認ください。


※ユーザプロファイルと移動プロファイル:
ユーザプロファイルは、Windows環境でユーザごとに保存され、主にデスクトップ環境の情報(壁紙やスクリーンセイバーなどのデスクトップ設定、ショートカットや「スタート」メニューの設定、プリンタ情報など)を保持します。このファイルは、ローカルまたはリモートコンピュータからログオフした際に保存され、次回のログオン時に復元されて再利用されます。
移動プロファイルは、このプロファイルをファイルサーバ側に格納し、他のマシンにログオンした場合でも同じユーザプロファイルをローミングする機能です。移動ユーザプロファイルの設定は、グループポリシーのユーザポリシーで設定し、Active Directroy アカウントでユーザがログオンすると、どのコンピュータからでも同じ移動ユーザプロファイルが適用されてユーザに同一環境を提供します。


【Tricerat社について】

米国メリーランド州オーウィングスミルズに本拠を置くTricerat社は、Citrix Ready Partner、VMware Technology Alliance Partner、Certified Microsoft Partnerとして、「make IT Simple」の実現に向け、システム管理者のニーズに耳を傾け注意を払うことで既知のシステム制限を回避するだけでなく、ユーザエクスペリエンス改善のための製品を開発する、全世界で10,000 社を超える導入実績を持つITベンダーです。
http://www.tricerat.com/

【エアーについて】

株式会社エアーは、「いつの時代も、”いま、最も必要なソフトウェア”を提供する」ことをモットーに、メールアーカイブ・監査ソリューション「WISE Audit」、誤送信対策クライアント製品「WISE Alert」、誤送信対策サーバ製品「WISE Attach」のほか印刷管理、BI、ETL、クラウド暗号化など幅広い分野のソリューションを提供しています。
https://www.air.co.jp

* Tricerat、ScrewDrivers、Simplify PrintingおよびSimplify Profilesは、米国Tricerat社の商標または登録商標です。
* Windows、Active Directoryは、米国Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* WISE AlertおよびWISE Attachは、株式会社エアーの登録商標です。
* WISE Auditは、株式会社日立システムズエンジニアリングサービスと株式会社エアーの登録商標です。
* 文中に記載されているその他の製品名および会社名は、一般的に各社の商標または登録商標です。
* 製品の仕様、価格は予告なく変更することがあります。