株式会社エアー

AIR NOTEWISE Alert Vol.2-1

メールセキュリティ

【業種別】
WISE Alertの導入イメージ

教育&研究機関でのWISE Alert導入イメージ

WISE AlertはOutlook用のメール誤送信対策クライアント製品です。
メール送信時に表示されるポップアップ画面で、差出人、宛先、添付ファイルなどの情報を一目で確認することができ、 ヒューマンエラーによるメール誤送信の防止に有効です。 このページでは、教育・研究機関でのWISE Alert利用例についてご紹介します。

「誤送信対策を始めたいけど、構内のシステムが複雑で導入できるか分からない……」
「機能性と価格、どちらも重視したい……」などとお悩みの方は、是非お読みください。

WISE Alert 製品には以下の2タイプがあります。

  • < エンタープライズ版 > 企業向け・運用管理機能付き
  • < スタンダード版 > 小規模ユーザ向け・運用管理機能なし

【利用例1】メールを頻繁に送る職員だけ誤送信防止対策を行いたい場合

WISE Alertは最低5ユーザから購入できます。 OutlookがインストールされているPCに直接WISE Alertをアドインするだけなので、メールサーバーを気にすることなく、 システム担当者に複雑な作業をお願いすることもありません。
スタンダード版はユーザーが個々にWISE Alertのルール設定を行います。頻繁に添付ファイルを送る人は添付ファイルを必ず再確認、 学生によく一斉送信メールを送る人は宛先が一定数を超えているときに確認画面を表示、と普段送るメール内容に合った誤送信対策のルール設定が可能です。

<スタンダード版(5ユーザ)での利用イメージ>

【利用例2】利用者は全員同じルールで統一したい場合

WISE Alertのエンタープライズ版には、運用と管理が簡単にできる運用管理設定機能がついています。
誤送信防止のためのルールを一括で設定できるだけでなく、 ユーザーが勝手にアンインストールしないよう制御機能もついているため、統一ルールでの運用が行えます。 送信ボタンを押した後、一定時間送信トレイに保留、外部ドメインが宛先に含まれる場合には確認画面を表示、の機能は どんなユーザでも誤送信防止対策として一定の効果がありますのでお勧めです。

<エンタープライズ版(統一ルール)での利用イメージ>

【利用例3】拠点や部門ごとに異なるルール設定で運用・管理したい場合

エンタープライズ版の運用管理機能は、ルールを一括で設定できるだけでなく、ユーザーをグループに分け、 グループ毎にそれぞれ違うルールを適用させることができます。
誤送信対策ツールは全員に使ってほしいが、外部宛に頻繁にメールを送る部門、内部に一斉通知メールを送る部門など、 メールの使い方に分けて誤送信防止対策のルールも使い分けたいときに便利です。

<エンタープライズ版(グループ毎に別ルール)での利用イメージ>


このようにWISE Alertは専用サーバ不要という導入の手軽さの一方で、 統一ルールやグループ単位でのルール設定も可能なため、大規模企業から個人ユーザまで幅広くご利用いただいています。

WISE Alert 製品には以下の2タイプがあります。

  • < エンタープライズ版 > 企業向け・運用管理機能付き
  • < スタンダード版 > 小規模ユーザ向け・運用管理機能なし

おススメ!LDAPユーザ情報の連携で同姓同名も漏れなくチェック!

学生の人数が多い大学などでは、同姓同名の人がいる場合もあります。
一方が内部、他方が内部であれば、WISE ALertの宛先ドメイン判定機能が有効ですが、 両方が内部の人の場合、メールアドレスが同じドメインのため、細心の注意が必要です。

そんな時は、WISE AlertのLDAP連携オプションを使えばLDAPサーバに登録済みの情報を取得して 学校名・部署名・氏名まで表示できます。 さらに同一部門の宛先ごとに背景色も変わるため、ぱっと見た目でも同姓同名の判定が可能です。

  LDAP連携オプション機能の説明はこちら

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

WISE Alert製品概要はこちら

資料請求のお申し込みはこちら

無料評価版のお申し込みはこちら

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから