Leaflet on WISE Alert

Vol.1-1

今すぐ始めるメール誤送信対策

1.差出人、宛先と入力フィールドの確認

◆送信の直前に必ず確認!宛先メールアドレス

メールの誤送信インシデントとして、「Bccとして宛先を入力したつもりが間違ってCcとして入力していたため、顧客のメールアドレスが流出してしまった」というトラブルは度々報じられます。また、自動的に表示されるアドレス候補から選択した宛先が間違っていたため、社内の人に送るつもりのメールが社外に配送されてしまった、ということもあります。両方とも、送信前に宛先メールアドレスの確認が十分にできなかったことにより発生したインシデントであると言えます。
メールの誤送信を防ぐために、まず確認しなくてはならないのが以下の2点です。

Outlookなど、メーラーのメール作成画面だけではこれらの間違いに気がつきにくいため、間違った状態のまま送信してしまうことが起こりがちです。また、一目で確認ができず、送信時のチェックに時間がかかってしまうことは業務効率の低下にもつながります。
メールの「送信」ボタンを押した直後にポップアップ画面を表示させることで、宛先間違いによる誤送信を防止しましょう。
WISE Alert をインストールしておけば、メールの送信時に一目で宛先情報を確認できるポップアップ画面が表示されます。

<WISE Alert ポップアップ画面(Alert画面)>

また、差出人のメールアドレスもポップアップ画面の上部に表示するため、複数のメールアカウントをメーラーに設定している場合に、利用するアカウントが間違っていないかを確認することができます。

WISE Alert カタログでも機能の詳細をご覧ください。
こちらから自由にダウンロードしていただけます。 >>> WISE Alertカタログ(PDF)

まずは宛先メールアドレスの確認を確実に行うことで、メールの誤送信を防止しましょう。

メール誤送信対策についてもっと知りたい方は、以下のコラムページもぜひご覧ください。

◆配信ストップ!メールの一時保留でうっかりに備える

◆送信ボタンを押してからも添付ファイルの確認ができる!

◆特定のメールはポップアップで必読をお知らせ

◆誤送信防止ツールで標的型攻撃に備える方法って?

◆送信ルールも自動で運用!上司アドレスCc付与機能

送信時に表示されるポップアップ画面で直感的に宛先メールアドレスの確認ができる WISE Alert は、20日間無料で使える評価版を用意しています。以下のページよりお申込みの上、評価版をダウンロードしてご利用ください。

WISE Alert カタログのダウンロードはこちら>>> WISE Alertカタログ(PDF)
その他、詳細資料も準備しています。以下のページよりダウンロードしてください。

製品の詳細資料 >>>

今すぐ始める
メール誤送信対策トップ


1.差出人、宛先と
入力フィールドの確認


2.送信待ち時間

3.添付ファイルの間違いを防止&送信直前に内容確認

4.緊急通告や必読の社内メールをポップアップでお知らせ

5.標的型攻撃の罠にかからないために(誤送信対策ツール応用編)

6.上司アドレスをCcに自動設定

株式会社エアー

WISE Alert製品ページ