Leaflet on Talend

Vol.1

ETL・データ統合にTalendが選ばれる理由

教えます! ETL・データ統合にTalendが選ばれる理由

データ統合は、あらゆるビジネスの局面で重要視されるようになってきている"ビッグデータ解析"に欠かせないステップです。
どのようなETLツールを使ってデータ統合を実現していくか、まずは選択が必要です。
そのような選択をお考えのあなたは、きっと、TalendTOS(Talend Open Studio)という名前を目されたことがあるでしょう。

そしてTalendについて

などを、知りたいと思っておられませんか?

そこで株式会社エアーは、Talend製品の販売・サポート・教育・開発・コンサルティングサービスまでをワンストップで行える国内唯一のTalendパートナー企業としての知見を生かし、ETL・データ統合になぜTalendが選ばれるか、その理由を知るための2つの方法を提案いたします。

Talendを「読んで学びたい」と思うあなた

ビッグデータ・クラウド対応ETL・データ統合ソフトウェア「Talend」について、弊社のTalendエキスパートが作成した資料「Talend早わかりガイド」をお読みください。
この資料では、Talendとは何か、Talendのどこが優れているか簡潔にわかりやすく解説しています。
次に説明する無料ハンズオンセミナーに参加される前にご一読いただくことで、オープン性、先進性、ユニークなビジネスモデルをあわせ持つTalendの世界観を理解していただけます。

<資料の概要> A4サイズ、PDF 14ページ 約3.0MB

目次:
  1. オープンソースETLツール「Talend」
    世界初のオープンソースETL・データ統合ツール
    ETLとは
    Talend≠廉価版のお手頃ETLツール
  2. オープン性:
  3. 先進性:ビッグデータ、クラウド技術への標準対応
    あらゆるデータへアクセスするための機能を標準装備
    Amazon Web Servicesを中心としたクラウド対応
    ビッグデータ先進技術への対応
  4. ビジネスモデル:ユニークなラインセンス体系
  5. おわりに:Talendが選ばれる理由
一部、中身から抜粋します。
Talend ≠ 廉価版のお手頃ETLツール
オープンソース製品というと、基本的に無償で使えるが、サポートが必要な場合は有償サービスも受けられるといった、高価な有償製品の代用となる廉価版製品として出てきたもの、というイメージを持たれるかもしれません。
しかしTalendは、そうしたものとは一線を画しています。単に廉価版製品ではなく、先進の技術に対応し、ビジネス的にもユニークな、他の追随を許さない特徴を持っているツールです。

その特徴は、以下の三点に集約できます:
・オープン性:オープンさの追求
・先進性:ビッグデータ、クラウド技術への標準対応
・ビジネスモデル:ユニークなライセンス体系

お申し込みはこちらの資料申し込みフォームから


Talendを「試して学びたい」と思うあなた

月例で開催している「無料ハンズオンセミナー」にご参加ください。実地での経験も豊富な講師の元、ご自身のパソコンを使ってTalendによるETL処理を実体験していただけます。

弊社主催のTalend無料ハンズオンセミナーの受講者は、すでに約200名に達しています。
自社利用、他社への提案の両面から、次のような背景を持った方々が参加されました。

ハンズオン参加者の内アンケートにご回答いただいた182名中、8割にあたる153名が「役に立った」「非常に役に立った」と回答しています。
もっと、先輩参加者の声が知りたい方はこちら>>>

お申し込みはこちらから


株式会社エアー TOP

Talend製品ページ