株式会社Air

AIR Recruiting Info.

システムソリューション・カンパニー
/ビジネスAP推進部 青木 拓也 (入社1年目)

ビジネスAP推進部で、お客様へのご提案に必要なパッケージの動作検証や、製品のカスタマイズ、サービス運用の補助などを行っています。自分が担当している業務の「意義」を意識しながら、日々の業務に取り掛かっています。

青木 拓也 就活は大変だと思います。私も苦しかった思い出があります。就活中の皆さんが「自分が何をやりたいのか」「どうなりたいのか」「何が好きなのか」ということを深く考えて向き合う、またとない機会でもあります。最後まで妥協せずに、自分が納得のいくかたちを目指してみてください。

私は、仕事選び=未来の自分を選ぶということだと考えています。将来の自分はどんな暮らしをしているのか、どんな気持ちで今(就活の時期)を思い出すのか等をイメージしてみると、モチベーションアップにも繋がると思います。
もしご縁があれば、一緒にお仕事ができたら光栄です。皆さんの就活がうまくいくことを陰ながら応援しています。

私がエアーに入社する決め手となったのは、『社会、業界から「尊敬される」会社になる』という会社理念でした。そのためには、社員一人ひとりも「周囲から尊敬される人間になる」必要があると私は理解しました。私自身、日々の業務を全うするだけではなく、同じベクトルをもった社員の皆さんとともに仕事がしたいと思っていたので、とても共感しました。
実際に入社してみると、その社是に違わず、また「熱い」方が多く、日々勉強になっています。IT企業という新しい業界の中で、30年以上経営を続けているという実績にも魅かれました。長い歴史があり、有名な企業との結びつきや先輩方の技術力も確かで、日々が刺激に満ちています。

また、社内の「風通しの良さ」が気に入っています。定期的に上司との面談があり、自分のやりたいことや不安な点について話す機会があります。その都度、親身になって話してくださる言葉はひとつひとつが確かな経験に基づいたありがたいもので、大変励みになります。
年の近い先輩方もよく食事に連れて行ってくださいます。それぞれが個性的で話しやすい方(笑)なので、とても助かっています。部署をまたいでの飲み会などもあり、まだ馴染みのない業務についての話を聞くとつい会話が進みます。年齢の離れた大先輩も、年齢の近い先輩も、皆さんとても気さくでよく気遣って下さる方ばかりなのですが、頼りすぎないように気をつけています。

IT企業は人との会話が少ない職場なのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。むしろ、専門的なことを正確にお客様にお伝えする必要があるため、会話の重要性を感じています。また、社員同士の「勘違い」を無くし、意思統一を図るために、相談・連絡も必要だと思います。業務上の会話は、勤務をしていて心地よく感じます。

入社してから、私は少し根気強くなったと思います。以前の私はすぐに人を頼ってしまいがちでしたが、仕事となるとそうもいきません。難しいことやわからないことに、めげずに向き合っている時間というのはとても長く苦しく感じられます。しかし、正解にたどり着いたときやうまくいったときには、かけがえのない達成感を得られます。自分が任された仕事の意義を意識しながら、日々の業務に取り掛かっています。