ストレスチェックをWebで実施できる環境づくりに

ビジネスアプリケーション

職場改善、生産性向上のためのストレスチェックWebシステム

ビジネスアプリケーション

職場改善、生産性向上のためのストレスチェックWebシステム

Self Director導入後の活用イメージ

Self Directorとは

Self Directorは、ストレスチェック義務化に対応したWeb診断システムです。
平成27年12月より「ストレスチェック制度」が施行されました。この制度では、企業は従業員のストレスの状況について検査を行うことが義務づけられています。とはいえ、ただストレスチェックツールを使って従業員に検査を受けさせるだけの制度ではありません。検査の結果を個人に通知し、自身のストレス状況を把握してメンタルヘルス対策を行えるようにすると共に、組織の検査結果を分析し、職場環境の改善に活かすことが求められています。

Self Director の特長
  • 従業員は、ストレスチェック診断をWebの画面で簡単に受けることができます。
  • ストレスチェック診断に回答した結果を、その人の「診断書」として出力します。診断書をもとに、高ストレス者は医師面接などを検討・受診し、自身のメンタルヘルスについて対策を講じることが可能となります。
  • 管理者用に、組織の検査結果を「組織診断表」として出力します。組織の状況について傾向分析し、結果をEAP(従業員支援プログラム)、職場改善策に活かすことができます。
職場改善・EAP(従業員支援プログラム)への活用で生産性向上

ストレスチェックの結果を組織的に分析し、職場改善に活かすことは、従業員側のメリットになるだけではありません。職場環境を総合的に整えることで生産性が向上し、企業側へも利益をもたらします。
Self Director は、従業員のストレスチェックから診断書の出力、組織の結果を分析可能な形で管理者に提供するまでの一連の流れを一つのシステムで行うことができる、生産性向上のためのストレスチェックWebシステムです。

製品機能の詳細は、株式会社ビーステージのHPでもご覧ください。

株式会社ビーステージ HPへ

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから