株式会社エアー


  • こんにちはゲストさん

Oracle Secure Global Desktop Software

最新デバイスとレガシーシステムとの連携を
セキュアに実現するソリューション

活用シーン

map01

1+2

アプリケーションを利用するクライアントは不問

ブラウザさえ搭載されていれば、クライアントは原則的に問いません。
ほぼすべての最新型PCやシンクライアントなどのさまざまなクライアントから、Oracle Secure Global Desktopを経由してサーバ上のアプリケーションやデスクトップが利用できます。
移動中でもモバイル端末などからリモートアクセスが可能です。

3

インターネット経由でも安全にアプリケーションを利用可能

LDAPの他、エンタープライズ環境で利用されるさまざまな認証ツールとの統合ができるため、既存のエンタープライズ環境に対して、セキュアにかつスムーズに導入できます。
SSLやX.509認証を始めとしたセキュリティや、アクセス制御の利用で、セキュアなアクセスを実現します。
また、「ファイヤウォール・トラバーサル」により、ポートの共有ができるため、ファイヤウォール環境でOracle Secure Global Desktopを利用する際にも、余分なポートを開ける必要はありません。セキュリティホールの可能性を減らします。
さらに、クライアントのブラウザから、プロキシサーバ経由でもOracle Secure Global Desktopにアクセスできます。これにより、よりセキュアな環境構築が可能です。

  • 活用シーン
  • 管理シーン
  • 設計思想と基本技術・基本機能
  • ご相談・ご質問・お問い合せ
  • お電話でのお問い合せ 受付時間9:00〜17:30(土日祝を除く)03-3587-9221