株式会社エアー


  • こんにちはゲストさん
株式会社エアーは、Talendの販売・サポート・教育・コンサルティングから開発までをトータルに行えるTalendゴールドパートナーです。
弊社ではTalend習得のためのセミナーやトレーニングを実施しています。

セミナー参加者の声

参加者の8割にあたる153名が「参考になった」「非常に参考になった」と回答

弊社主催のTalend無料ハンズオンセミナーの受講者は、すでに約200名に達しています。
セミナー受講者の内アンケートにご回答いただいた182名の方のご意見をまとめましたので、ぜひご覧ください!

受講者のTalendに関わる立場は?

製品を選定する上での立場をお聞かせください

約6割の方が製品選定に関わっており、データ連携ツールなどの製品の比較検討をされている方のようです。

受講者のTalendに関わる立場

受講の背景・目的は?

セミナーに申し込まれた背景・目的をお聞かせください

自由記入にもかかわらず、回答者の9割以上の方から受講の背景や目的をいただきました。
皆様のセミナー受講への意欲がうかがえます。
製品比較のための情報収集の方が4割程ありますが、Talendの学習のための受講者も半数以上おられます。

ハンズオンセミナー受講の背景・目的

クリックして詳細なご回答をご覧ください。
  • Talendを含め、データ連携ツールなどの製品比較のため。
  • 顧客の環境に導入するETLツールの選定を行う際の参考となる情報を入手するため。
  • 自社でTalendに関する問合せが増えてきたため。
  • BigDataに関連するToolの実際を知りたかった。
  • プロジェクトで少し利用していたので 一度セミナー等で話しを聞いてみたかった。
  • 既に弊社システムにて導入されているTalendについての知識がなく、外部ベンダに
     開発いただいたTalend成果物のレビューができなかったため、
     予備知識を身に付けたく受講しました。
  • Talendの基本的な操作方法について学ぶため。
  • データ分析前のデータ蓄積の方法、効率化を検討のため。またTalendで何ができるか
     を実際にさわって確認するため。
  • 社内でのETL製品としてTalendを利用していくための技術習得のため。
  • Talendに興味があり、機能の概要を把握したかったため。また、TOSを自習するための
     初期導入目的のため。
  • 既に導入済みですが、有識者が少なくまた利用方法が分からない状態であったため、
     自分の担当領域にも活用したいため申し込みをしました。
  • セールスフォースとのデータ連携ソリューションを考えており、使い方を学びたい。
  • Hadoopを中心としたBigDataソリューションの提案をビジネスにしたい。
     データの質向上やETL/ELT、データ連携のためのツールを探しており参加しました。
  • 使用しているETLツールが使いづらいので代替として検討できるか考えている。

受講後の満足度は?

ハンズオンセミナーの内容は目的に対していかがでしたか

回答者の8割以上の方に「参考になった」「非常に参考になった」と回答があり、満足していただいております。
弊社で用意したサンプルファイルを使用し、実際にTalend Open Studio(TOS)を操作していただきますので、Talend習得に役立ちます。
さらに、その後、有料の「Talend 社公式 Talend Open Studio トレーニング(開発基礎コース)」も受講し、詳しく学習された方もいらっしゃいます。

ハンズオンセミナー受講後の満足度

ページのトップへ▲

データ統合や連携での課題は?

データ統合やデータ連携で困っていることや課題はありますか

課題についても、具体的にたくさんのご回答をいただきました。
様々なご回答がありますので、分類せずに抜粋して掲載いたします。

クリックして詳細なご回答をご覧ください。
  • データ量が多い。接続先のDBやファイル形式が多い。
  • 現状バッチ処理で実施しており、パフォーマンスに課題がある。
  • 柔軟で安価なデータ分析基盤を構築するために、データレイクアーキテクチャーの
     研究を行っている。
  • ETLのモデリングとドキュメントソースの自動生成をスモールスタートで行いたい。
  • ストアドプロシージャでの処理からのETL処理への移行。
  • ワンタイム対応やスピードが必要な時、外部に開発を委託しているため、費用感、
     スピート感が合わないことが多々ある。
  • ETL処理の開発と運用コストの低減。
  • 連携部分をETLに任せアプリケーションの機能から切り離したい、
     Excelなどが元データで多いので変更に強いシステムにしたい、SAPとの連携をしたい。
  • パフォーマンス→数万件データの差分抽出・データ変換、提供までのスピード、
     レポジトリでの設定版数管理。
  • Talendの使用方法について情報が少ない。じっくりさわっている時間がない。
  • コンポーネントの置いた順番をまちがえてしまってうまく動かないことがあった。例)tJava
  • 受託開発や自社製品開発でELTツールの使用を検討しているが、社内に有識者がいない。
  • データ統合について旧システムのリプレイス、クライアントへ提案につなげたい。

ソリューション導入の意思は?

データ統合やデータ連携のためのソリューションの導入を検討していますか

半数以上の方が、ソリューションの導入や変更を検討されているようです。

ソリューション導入の意思

セミナー情報の入手方法は?

ハンズオンセミナーを何でお知りになりましたか

さまざまな方法で弊社セミナーの情報を入手いただいています。
インターネット検索やTalendのニュースレターから見つけた方が多いようです。

ハンズオンセミナー情報の入手方法

ページのトップへ▲