株式会社エアー

こんにちはゲストさん

誤送信やビジネスメール詐欺にお悩みのみなさまへ

メールセキュリティ

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

メールセキュリティ

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

転ばぬ先の誤送信防止

<うっかり誤送信防止Outlookアドイン>

WISE Alertは、送信時に表示されるポップアップ画面で、差出人、宛先、添付ファイルなどの情報を一目で確認することができ、メールの誤送信防止に効果を発揮するOutlookアドインです。
誤送信防止機能について >>>

<メールシステムを問わず利用可能。Office 365環境での誤送信対策に>

クライアント(Outlook)側にインストールするため、プロバイダやオンプレミスはもちろん、Office 365やExchange Onlineなどのクラウドメール環境でも簡単に誤送信対策が行えます。また、専用サーバは不要です。

<ビジネスメール詐欺・標的型攻撃対策にも有効>

ビジネスメール詐欺や標的型攻撃を水際で食い止めるために役立つ機能を備えています。

  • 巧妙に偽造されたフェイクアドレスを検知。送信前のAlert画面に「赤信号」を表示できます。
  • これにより、不正なアドレスに誘導されていたことに気づくことができます。
  • 社員が標的型攻撃を受けたとき、管理者は第二の被害者を防ぐ強制アラートを表示できます。
  • 標的型攻撃対策の詳細はこちら >>

<業務効率を上げる”ZIP暗号化”>

社外宛メールの添付ファイルは暗号化することが組織で義務付けられていた場合、手動での操作は手間がかかり、業務効率を低下させます。ZIP暗号化の機能は、社外へのメールに添付されたファイルの暗号化、パスワード通知メールの生成を自動で行い、業務効率アップに貢献します。
ZIP暗号化について >>>

<大規模環境への導入実績>

<海外子会社での使用例多数。日本語/英語モード選択>

日本語/英語モードを選択することができます。日本国内だけでなく、多数の海外子会社への導入実績を持ちます。

WISE Alert導入後の活用イメージ

メールの送信ボタンを押すと警告画面が表示され宛先や添付ファイルの確認ができます。

WISE Alertのメール誤送信防止機能はとてもシンプルです。条件に一致すればWISE Alertの警告ウィンドウが表示され、宛先・添付ファイルを確認することができます。間違いがなければ送信、間違いに気づいたら送信をキャンセルでき、自分自身でメール誤送信対策を簡単に行えます。

WISE Alert 警告ウィンドウ

誤送信防止機能について >>>

「添付ファイルがあれば警告」「外部ドメイン宛があれば警告」など警告画面の表示条件を細かく設定することができます。

添付ファイルの有無・外部ドメイン宛・宛先アドレス数などを警告画面表示の条件として設定することができます。また、すべてのメール送信時に警告画面を表示する設定も可能です。

詳細についてはお気軽にお問い合わせください>>>

「送信待ち時間」を設定することで送信メールをOutlookの「送信トレイ」で一定時間待機させることができます。

メールの配送を一定時間待機させることも、メール誤送信対策のひとつです。WISE Alertで「送信待ち時間」を設定すれば、メールは送信トレイで一定時間経過した後、自動的に配送されます。直ちに送信したければ、ボタンをクリックするだけで即時送信をすることができます。

添付ファイル自動ZIP暗号化機能を使えば添付ファイルを自動ZIP暗号化してメールを送信することができます。

<エンタープライズ版/スタンダード版>
メール送信時に添付ファイルをZIP暗号化することで、宛先・ファイル間違いによる情報漏えいを防止します。WISE Alert ZIP暗号化機能では、外部ドメイン宛メールの添付ファイルを自動でZIP暗号化して送信します。手動でのZIP暗号化の手間を大幅に削減し、業務効率をアップします。

自動ZIP暗号化機能

誤送信防止強化機能について >>>

WISE Alertは、低コストで始められる誤送信対策ツールです。