誤送信やビジネスメール詐欺にお悩みのみなさまへ

メールセキュリティ

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

メールセキュリティ

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

WISE Alertをご利用中のお客様からのご質問

Q:購入後のサポート内容について教えてください。

●年間サポートサービスについて
・年間サポートには以下の内容が含まれます。
・バージョンアップサービス
・相談サービス(メール、FAXによる質問回答)
・ダウンロードサービス(サポートサイトからのモジュール、マニュアルのダウンロード)
詳細は こちらを参照してください。

導入後、製品アップデートは無償でできますか?

有償サポートには、バージョンアップ費用が含まれておりますのでバージョンアップのためのライセンス費用はいただきません。

【Outlook Expressの場合】

Q:WISE Alertで設定した「送信待ち時間」が経過してもメールが送信されず、即時送信をクリックしないとメールが送信されません。

以下の場合には、「送信待ち時間」が経過してもメールは送信されませんのでご注意ください。 ・メール送信後、Outlook Expressを閉じてしまった時。  →帰宅、外出時など、メールを送信後、すぐにOutlook Expressを終了する場合には、WISE Alertの「即時送信」機能より送信待ちメールを送信させてからOutlook Expressを終了してください。

Q:送信待ちのメールがある状態でOutlook Expressを終了させてしまいました。すぐ再起動したところまだ待ち時間が経過してないのに配送されてしまいました。

再起動したとき、送信待ち状態にあったメールは送信トレイに移動します。Outlook Expressの設定によりますが、直ちにまたは1分以内に配送されます。どうしても配送を避けたいときはWISEAlert.exeを停止(タスクトレイのWISE Alertをクリックし「WISE Alertの終了」を実行)してからOutlook Expressを再起動してください。送信待ちのメールは送信トレイの下のWISE Alertフォルダにあります。

Q:ツールバーに昨日まであったWISE Alertのアイコンが消えてしまいました。

WISEAlert.exeが動いていない場合はツールバーにWISE Alertのアイコンは表示されません。動いているときはタスクトレイにWISE Alertと表示されています。動いていなければデスクトップのWISE Alert Expressショートカットから起動してください。

Q:アンインストールしてもプログラムフォルダにファイルが残っています。

一部のdllは他のアプリケーションと共有している可能性があるとWindowsが判断して直ちに削除できないことがあります。次回Windowsを起動した時、手動で消すことができます。

Q:WISE Alert Express(WISEAlert.exe)を起動すると送信トレイの下に WISEAlert というフォルダができます。これは削除してはいけないのでしょうか。

送信待ち機能を使うときにはここでメールを待機させます。空のフォルダを消しても問題はありませんが、送信待ち時間を設定すれば次の送信時に自動的に作成されます。

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから