添付ファイルからの情報漏えい対策にお悩みのみなさまへ

メールセキュリティ

メールの時間差配送・添付ファイルの自動ZIP暗号化
サーバ型誤送信対策ソリューション

メールセキュリティ

メールの時間差配送・添付ファイルの自動ZIP暗号化
サーバ型誤送信対策ソリューション

WISE Attachの3大機能について

■メールの時間差配送機能

時間差配送とはどんな機能ですか?

時間差配送機能はメール送信を一旦待機し、管理者が設定した時間が経過すると自動的に配送または破棄する機能です。

時間差配送機能のみを使用したいのですが。

WISE Attachは時間差配送機能だけのご利用も可能です。

待機中のメールをすぐに配送することができますか?

メール送信者は専用のメール管理画面にログインし即時送信することができます。

■添付ファイルのダウンロード機能

ダウンロード機能だけを使用したいのですが。

WISE Attach FULLエディションもしくはDLエディションをご購入ください。
FULLエディションの場合は、ZIP暗号化機能だけ、ダウンロード機能だけ、両機能とも、のいずれのご利用も可能です。

保管された添付ファイルはいつまで、何回ダウンロードできますか?

WISE Attachではダウンロードできる回数や保管日数が設定できます。 設定回数あるいは保管日数のいずれかが超えると、受信者はダウンロードできなくなります。

メール受信者がファイルをダウンロードしたかの確認はできますか?

送信者は、メール管理画面からファイルをダウンロードしたかどうかの確認ができます。

パスワード送信後に誤送信に気付いた場合、途中でダウンロードできないようにはできますか?

ダウンロード実行前なら、ファイルの削除や非公開、パスワードのロックなどにより、添付ファイルをダウンロードできないようにすることができます。

■添付ファイル・メール本文の自動ZIP暗号化機能

自動ZIP暗号化機能だけを使用したいのですが。

WISE Attach FULLエディションもしくはZIPエディションをご購入ください。FULLエディションの場合は、ZIP暗号化機能だけ、ダウンロード機能だけ、両機能とも、のいずれのご利用も可能です。

ファイルを複数添付した時にはどうなりますか?

複数の添付ファイルを1つの暗号化ZIPファイルにまとめて送信します。

社内間メールは添付ファイルをZIP暗号化にしたくないのですが。

自社ドメインのメールは変換しない、社外への添付メールはZIPファイルに変換するなどと、複数ルールを設定することで可能です。

X社とY社宛は暗号化ZIPファイルへ変換して送りたいが、Z社宛はそのまま送ることができますか?

WISE Attachでは、送信先別に暗号化するかどうかを指定できるので、同報メールであっても相手別に処理の有無を使い分けて送信できます。

復号のパスワードは自動送信できますか?それとも一旦、メールで送信者にパスワードが送られ、それを通知する形になりますか?

パスワードの通知方法には、①一定時間経過後、自動的のパスワード通知メールを送信する、 ②メール送信者が内容確認後にパスワード通知メールを送信する、の選択ができるので メール送信者がパスワード通知メールを作成する必要はありません。

暗号化されたファイルを復号するにはツールが必要ですか?

従来のZIP暗号化方式を利用の場合は、受信者側に特別な復号ツールは必要ありません。バージョン2.0からのAES-128方式またはAES-256方式を利用の場合は、受信者側にAES 暗号化機能に対応した圧縮・解凍ツールが必要です。 推奨ソフトウェアには、Explzh for Windowsがあります。こちらを参照してください。

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから