株式会社エアー
  • こんにちはゲストさん

メールの時間差配送・添付ファイルの自動ZIP暗号化
サーバ型誤送信対策ソリューション

1

システムが運用ルールに従い自動で判断し、送信メールに対して処理を行います。

メールクライアントに依存せず、添付ファイルのZIP暗号化・Webダウンロード化をサーバ側にて自動で処理します。ユーザ側の負担を軽減し、労務コストの削減にもつながります。

2

送信者のユーザ登録を送信者自身で行うことができるため、管理者の負担が軽減されます。

管理者の負担が軽減されます。
さらに、それぞれの機能の処理ログや、送信者ツールへのアクセスなどの操作ログのレポートも多数用意しており、実際の運用に配慮した各種機能を装備しています。
※WISE Attach/ユーザインターフェイス「運用管理者でメールの処理レポートを確認」を参照ください

3

サーバで一括管理するため、運用ルールの変更を素早く行うことが可能です。

ハードウェアを複数台用意し、機能別にインストールすることができるため、コスト面でも合理的な運用が可能です。管理機能、メール処理機能、ストレージ機能の全機能を同一マシンにインストールすれば単一サーバ運用ができ、アクセスの集中しやすいメール処理機能だけを別マシンで運用するようにすれば、処理を分散することができるうえ、あとからメール処理機能だけをインストールしたマシンを追加することも容易にできるなど、柔軟に対応できます。
アーカイブ、フィルタなどのメール監査システムと連携させることができます。

ページのトップへ▲

ページのトップへ▲