印刷物からの情報漏えい対策にお悩みのみなさまへ

印刷管理

印刷物の原本保存でセキュリティ強化とコスト削減を実現する印刷管理ソリューション

印刷管理

印刷物の原本保存でセキュリティ強化とコスト削減を実現する印刷管理ソリューション

WISE Print 動作環境と購入について

WISE Printとはどんな製品ですか?

WISE Print印刷ログ監査は、紙からの情報漏えい対策のためのさまざまな印刷セキュリティ機能を有し、さらにインク/トナーの使用量を調整し、最大で75%のコスト削減を実現するソフトウェアです。
WISE Print Enterpriseでは、印刷ログの管理ができ、集計やレポート表示も可能です。また、WISE Print Standardでは、コスト削減機能のみがあります。

Toner Cutterとの違いはなんですか?

WISE Print は、TCBテクノロジーズ株式会社から事業の一部譲渡を受けた弊社が、Toner Cutterの後継製品としてリリースした製品です。
Toner Cutterの主要機能は引き継ぎ、さらに使いやすく改良された製品となっています。

評価版はありますか?

評価版ダウンロードがございます。トライアル期間は15日間です。こちらをご確認ください。

購入方法を教えてください。

WISE Printは、企業向けに100ユーザから購入できるフル機能搭載の印刷ログ監査、5ユーザ単位から購入できるEnterpriseおよびStandardの販売を行っております。また、1ユーザから購入できるStandardダウンロード版もあります。
Standardダウンロード版はVectorサイトから購入いただけます。
印刷ログ監査、Enterprise、Standardにつきましては弊社までお問い合わせください。

どのようなプリンタに対応していますか?

WISE Print のすべての機能はGDI プリンタドライバに対応しています。その他のプリンタドライバへの対応についてはお問い合わせください。
トナー削減機能はドットインパクト方式プリンタ、熱転写方式プリンタには対応していません。

通常の印刷方法と違いがありますか?

WISE Printは常駐ソフトなので、「Windowsログオン時に自動的に起動する」設定にしておけば、PC起動時に自動的に「WISE Print」が起動し、タスクトレイにアイコンが表示されます。
あとは、通常通りの印刷方法で印刷できます。

評価版から正式版へ移行できますか?

評価版をご試用の場合は、正式版ライセンスを登録するだけで、正式版として使用できるようになります。登録方法の詳細は、評価版WISE Printのヘルプに記載されています。

クライアントへの導入に資産管理ツールを使用する必要がありますか。

使用する必要はありません。Active Directoryのグループポリシーを使用して配布するなども可能です。

資産管理ツールから配布が可能ですか。

可能です。インストーラをオプション付きで実行していただくだけで、資産管理ツールからアプリケーションの配信が可能です。

【印刷管理】の課題は、エアーの3つのソリューションで速攻解決!

WISE Print(ワイズプリント)は、「印刷物の管理」により、不正・不要な印刷を抑止し、紙の使用量やトナー使用量を減らす、企業の印刷コスト削減とセキュリティ強化を実現するソリューションです。
ScrewDrivers(スクリュードライバーズ)は、 CitrixやRDS環境へのプリンタドライバの導入を不要にし、プリンタ管理や印刷遅延といった問題を解消する印刷管理ソフトウェアです。
Simplify Printing(シンプリファイプリンティング)は、仮想アプリケーション環境や仮想デスクトップでのシンクライアント・ゼロクライアント・マルチデバイスのプリンタ設定を一括管理する仮想プリンティング製品です。

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから