株式会社エアー
  • こんにちはゲストさん
会社情報

<エアーについて>

「そこにある未来」を捉まえていく

FUTURE_Something new with a sense of mission

AIRは、パーソナルコンピューティングがまだ黎明期にあった1983年に誕生しました。以来、各時代の最先端IT技術の吸収・蓄積に努め、各種データベースシステムやサーバーシステム、日本初のIMAPメールサーバ「AIRMAIL」など、企業の業務を最適化するさまざまな画期的ソリューションを生み出し、エンタープライズ市場に提供してきました。
現在では利用者数180万ユーザーを誇るメールアーカイブのスタンダード「WISE Audit」をはじめ、メール誤送信対策ツール「WISE Alert」、検索可能な暗号化ライブラリ「WISE Encrypt」など、当社の開発した数多くの製品が、日本のビジネス最前線で活躍しています。

AIRの企業理念は「社会から尊敬される企業であり続ける」ことです。目まぐるしく変化するIT業界において、30年の長きにわたり当社が第一線に立ち続けてこられたのは、つねに「信義」を重んじ、誠実に、正直に、お客様や販売パートナー様に向き合う姿勢を貫いてきたからだ、と私は考えています。今後も技術力・開発力にさらに磨きをかけるとともに、オフィス環境の「未来」をカタチにしていくことで、社会生活の向上に寄与していきます。

株式会社エアー
代表取締役社長 北山 洋一

◆事業紹介

2つの事業部門の有機的連携で、高付加価値のサービスを創出しています。

エアーでは、自社開発アプリケーションや海外の先進的パッケージソフトを提案する「プロダクト事業」と、個々のお客様課題に応じて多様なものづくりサービスを提供する「システムソリューション事業」の2事業を展開しています。この2つの事業部門が互いに有機的に連動することにより、お客様に高い価値を創出している点が、当社のビジネスモデルの大きな特長です。

<プロダクト事業>

ビジネスを強力に支援する、先進のアプリケーションを提案します。

エアーでは、国内エンタープライズで働く人々の生産性向上に役立つことを使命とし、世界の最新技術・海外製品の導入と自社開発によって、永年に渡り先進のシステムを提供し続けてきました。
現在は「WISE」シリーズを中心に、メールセキュリティ、印刷物の管理、クラウドストレージ暗号化などの自社開発を進めています。また、海外製品ではビッグデータ活用に役立つ各種ツールの提案を行っています。

<システムソリューション事業>

培った高度な技術力を駆使して、さまざまなお客様課題を解決します。

データベース技術、サーバー技術、通信技術など1980年代から高度な技術バックボーンを構築してきた当社では、個々のお客様の課題解決に貢献する様々な受託開発サービスを提供しています。