大量のExcel帳票作成にお悩みのみなさまへ

ビッグデータ統合

既存Excelファイルを再利用!開発ライブラリ「BIRT Spreadsheet Engine」でJavaアプリケーション構築

ビッグデータ統合

既存Excelファイルを再利用!開発ライブラリ「BIRT Spreadsheet Engine」でJavaアプリケーション構築

BIRT Spreadsheet Engine

BIRT Spreadsheet Engineとは

<日々大量のExcel帳票を作成するお悩みを解決>
BIRT Spreadsheet Engineは、次のようなお悩みをお持ちの現場スタッフや管理部門を支援します。

・日々大量のExcel帳票を作成する業務を効率化したい
・多くのスタッフ手間を要する帳票業務の生産性を向上させたい、クラウドメールのバックアップにも有用

  • 強み1:Excel帳票作成を自動化
  • 強み2:細かい書式、セキュリティ設定などもExcel同等の処理を実現
  • 強み3:どんなExcelファイルでもテンプレートに利用可

長年の経験と実績を持つ弊社は、このようなお悩みにも多数、対応してきました。
お気軽にお問い合わせください。

BIRT Spreadsheet Engine導入後の活用イメージ

Excelライクなインターフェースのデザイナー

GUIツールの BIRT Spreadsheet Designerを使用して、帳票テンプレートファイルにデータベース接続・データ取得処理・データマッピング定義を簡単に埋め込むことができます。帳票システムのデータベース接続部分を開発者がプログラミングする必要がありません。 また、BIRT Spreadsheet Designerを利用することで、複数多種類のデータソースを結合して、データセットとして利用することが可能です。

JavaからExcelを生成するプログラムを作成するための豊富なAPI

BIRT Spreadsheet Engine and APIが提供するExcelファイル出力機能により、Javaアプリケーション・アプレット・サーブレットでExcel帳票を出力するシステムを構築することができます。出力されたExcelファイルをデスクトップにダウンロードして、エンドユーザはデータを容易に処理できます。

・Excel(xls・xlsx)の生成
・PDF・HTML・テキスト形式へ変換
・書式設定
・数値演算
・各種オブジェクトの挿入
・印刷

既存Excelファイルの再利用

既存のExcelファイルをJavaで読み込むことができるため、Javaシステムへの移行作業工数を節約できます。また、これまでのシステムで利用していたExcelファイルを再利用することで、レガシーシステムの資産を生かすことができ、テンプレート設計の工数を抑えることも可能です。

優れたExcel互換性と表現力

ピボットテーブル・パスワード・セキュリティなどを含む多数のExcelの機能をそのまま使用できます。
また、Excelの2D・3D グラフをJPG・GIF・PNGファイルで出力することも可能です。 直感的で Excelライクなポイントアンドクリック操作によるグラフの追加・書式設定・データ バインド指定により、グラフのオプション設定を簡略にします。
さらに、グラフやイメージデータから他のレポート・グラフ・情報にドリルダウンできるよう自動的にイメージマップを生成します。JSPグラフAPI により、Javaのコードの記述は不要です。

・多彩なグラフ(縦棒・横棒・面積・折れ線・円形・散布・ドーナツ・バブル・株価)
・画像、テキストの挿入
・アウトライン
・オートフィルタ
・ハイパーリンク
・ピボットテーブル(プロフラムからもデザイナーからも作成可能)
・マクロ

評価版のお申し込みはお問い合わせフォームから

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから