ITソリューション活用のヒント集 【エアーノート】一覧

エアーホームページ >

【エアーノート】は、メールセキュリティ/ビッグデータ統合/印刷管理/テレワークというジャンル別に、
ITソリューションに役立てるためのヒントを記事にまとめたものです。

INDEX

メールセキュリティ

ビッグデータ統合

印刷管理

テレワーク
1000万通1秒の高速検索
大規模ユーザ実績多数のメールアーカイブ・監査ソリューション
NEW! 【エアーノート】監査キーワード集:どのような監査キーワードを使用すればよいか

上場会社において、不正会計やデータねつ造、談合等業績に影響を与える事案が発生したとき、内部や第三者委員会による調査が実施され報告書が公表されます。 調査に当たっては電子メールも重要なデータとして利用されます。 問題に関連するメールの抽出に使用された監査キーワードを資料にまとめました。

このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】なぜアーカイブなのか。経営課題解決のポイント 1.メールアーカイブ 必要性の背景

電子メールは企業活動のために必要不可欠なものとなりましたが、なぜメールアーカイブを導入する必要があるのでしょうか?

その背景と必要性を このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】なぜアーカイブなのか。経営課題解決のポイント 2.メールアーカイブの手法

メールデータ量は増え続け、データを効率よく高速検索する仕組みがなければ、必要な時に必要なメールを探し出すことは非常に困難です。

求められるメールアーカイブについて、 このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】なぜアーカイブなのか。経営課題解決のポイント 3.メールアーカイブの新たな価値

メールアーカイブは社内監査や有事の際の証拠保全のためだけではありません。

メールアーカイブの新たな価値を このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】メールアーカイブと法規制 1.メールに関連するコンプライアンス

各種の情報漏えい事件や国際基準等への対応として、電子メールをめぐるコンプライアンスが必要とされています。

その法令について このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】メールアーカイブと法規制 2.企業を取り巻く法規抵触・訴訟リスクの課題

現代の企業環境は、さまざまなリスクに囲まれています。たとえば巨額な賠償金など、企業が大きな実害をこうむることもあります。

価格カルテルなどについて このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】「退職者のメール」見逃していませんか? メール監査で不正行為を未然防止!

業務委託先や、同業他社に転職した元従業員、退職を控えている退職予定者なども秘密情報漏えいの経路となり得ます。

退職者・退職予定者による競合他社への情報漏えい・流出のリスクを管理するには具体的にどのような対策が効果的なのでしょうか。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】価格カルテル・談合が企業に与える大きな損失 迅速・正確な「メール監査」で損害を最小限に抑える

価格カルテルや入札談合の事実が発覚した場合に企業に発生する損失(課徴金)と課徴金の減免制度をご存知ですか?

社内の監査部門で、「価格カルテル」や「入札談合」の事実を迅速に察知できるような監査体制はすでに整っていますか?。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】「メールアーカイブ理解度テスト」 あなたはメールアーカイブのこと誤解していませんか?

そもそも、メールアーカイブって本当に必要なの?

メールアーカイブの必要性について担当者が心の中で思い浮かべる五つの疑問にお答えします。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

ページのトップへ▲

Office 365メールアーカイブでの高速・高精度の日本語全文検索を実現する
クラウド向けメール監査システム
【エアーノート】Office 365でのメール監査にお悩みのみなさまへ

「なぜかOffice 365のメールアーカイブからほしいメールを探しだすことができない」という経験をお持ちではありませんが?そのお悩みの原因と解決方法を、 このエアーノートで詳しく説明します。>> 

ページのトップへ▲

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン
【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策

企業活動に必要不可欠な電子メールですが、情報漏えいの元になってしまうことも少なくありません。

ツールの活用方法を知って、今すぐメール誤送信対策を始めてみませんか?
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策 1.差出人、宛先と入力フィールドの確認

「Bccとして宛先を入力したつもりが間違ってCcとして入力していたため、顧客のメールアドレスが流出してしまった」というトラブルが度々報じられます。

メールの誤送信を防ぐために、まず確認しなくてはならないのは何でしょう?
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策 2.送信待ち時間

宛先や添付ファイルの間違いは、メールの「送信」ボタンを押した直後に気が付くことが多いものです。

メールの一時保留でうっかりに備えましょう。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策 3.添付ファイルの間違いを防止&送信直前に内容確認

「社内向けの情報が含まれるファイルを顧客に送ってしまった!」「ファイルを間違った相手に送ってしまった!」

送信直前の内容確認で添付ファイルの間違いをなかったことにできます。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策 4.緊急通告や必読の社内メールをポップアップでお知らせ

標的型メールが社内宛に送られてきた!メールに添付されているファイルは開かないよう、緊急で全社員に通告したい。

社内の緊急時や関係者に必ず読んでほしいメールを送る場合、受信者のPC画面にポップアップを表示して確認を促すことができます。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

NEW! 【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策 5.標的型攻撃・ビジネスメール詐欺の罠にかからないために

標的型攻撃メールのやり口は巧妙で、一見しただけでは標的型攻撃とは判断できないようなメールを送り付けてきます。

クライアント型メール誤送信対策ツールの機能を応用することで標的型攻撃メールに備えることもできます。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】今すぐ始めるメール誤送信対策 6.上司アドレスをCcに自動設定

社外へのメールにファイルが添付されている場合には、必ず上司・上長のメールアドレスをCcに設定すること。

特定の条件を満たすメールには、自動で上司アドレスがCcに設定される仕組みがあれば便利だと思いませんか?
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

ページのトップへ▲

ビッグデータのリアルタイム統合を低コストに実現する
ETL/ESBソリューション
【エアーノート】ETL・データ統合にTalendが選ばれる理由

データ統合は、あらゆるビジネスの局面で重要視されるようになってきている”ビッグデータ解析”に欠かせないステップです。

そのETL・データ統合になぜTalendが選ばれるのでしょうか?
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

ページのトップへ▲

印刷物の原本保存でセキュリティ強化とコスト削減を実現する
印刷管理ソリューション
【エアーノート】セキュリティのための透かし印刷

印刷物の取り忘れ・取り間違い・社外への持ち出しは、個人情報や機密情報などの含まれる印刷物から情報が漏れる可能性があります。

まずは、自動で透かし印刷し、手軽にセキュリティ印刷を実現してみませんか?
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】印刷イメージの保存(原本保存)と履歴検索で情報漏えい対策

社内で、個人情報・機密情報などの含まれる文書や私的文書が印刷されているかどうか把握していますか?

いつ、どこで、誰が、どんな印刷をしたかを知るにはどうすればよいのでしょうか。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

【エアーノート】企業のインク/トナーコストを大幅に減らす方法

社内のインク/トナーコストや紙のコストについて意識していますか?

印刷機のメーカ側での非純正トナー使用による故障が保守対象外のため、高価な純正トナーの使用によりコストはさらに増大します。
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

ページのトップへ▲

いつでも、どこからでも、高速・簡単・安全にテレワークを実現する
リモートアクセスサービス
【エアーノート】PC紛失に備える!端末にデータを一切残さない情報漏えい対策

ノートPCやスマホ・タブレットなどを外出先に持ち出してビジネスに活用することが、最近ではごく当たり前の光景となりました。

このようなビジネススタイルが普及していく中で、PCや携帯端末の紛失・盗難による情報漏えいを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?
このエアーノートで詳しく説明します。>> 

ページのトップへ▲