株式会社エアー

AIR NOTEWISE Alert Vol.1-7

メールセキュリティ

今すぐ始める
メール誤送信対策

7.ヒューマンエラーを監視して警告

大事故につながるかもしれないヒューマンエラー3H

人間が作業を行う際、初めて(Hazimete)の作業・久しぶり(Hisasiburi)の作業・手順や方法を変更(Henkou)した作業については特にミスや失敗が発生しやすいということから、その3つの頭文字をとり、ヒューマンエラー3H(サンエイチ)と言われています。
うっかりしたミスや失敗から事故や怪我といった災害につながる場合が多くあり、この3Hにあたる作業を行う際には十分に注意して取り掛かる必要があります。

ヒューマンエラーによるメール誤送信事故

メールの誤送信の事故として、
Bccとして宛先を入力したつもりが間違ってCcとして入力していたため、顧客のメールアドレスが流出してしまった」というトラブルが後を絶ちません。
最近では、以下のような事故がありました。

また、宛先間違いが起こるケースは、以下のように様々な場面があります。

  • アドレス帳から同姓の別人のメールアドレスを選択した
  • メーラーのオートコンプリート機能により別人のアドレスが表示されているにもかかわらず、そのまま送信先メールアドレスとした
  • メール返信時に関係者以外の人が増えていることに気づかず、そのままの宛先に返信した
これらの宛先間違いにより、社内の人に送るつもりのメールが、社外の人に配送されてしまった場合は、相手に迷惑をかけるだけでなく、メールに秘密情報などが含まれていれば、大きな情報漏えい事故につながります。

このような、うっかりしたヒューマンエラーですが、社員へのメール教育やメール運用ルールの徹底だけでは、なかなかなくなりません。
WISE Alertなら、これらのヒューマンエラーに対し、警告を出して知らせ、誤送信を未然に防止します。

不特定多数の宛先に送る場合はダイアログで知らせ、Bccに一括変換

メール送信時に、ToとCcの社外宛先件数が指定された件数以上の場合、確認ダイアログを表示して知らせます。

例えば、Aさんが、サポートのお知らせメールを、サポートユーザ宛に一斉配信しようとしました。すると、いつもは表示されたことのない以下のような確認ダイアログが表示されました。

<Bcc一括変換 確認ダイアログ>

サポートユーザ宛先を、Bccに入れたつもりが、ミスをしていたようです。
そこで、このダイアログで[はい]をクリックすると、いつもの送信Alert画面が表示され、すべての社外宛先は一括でBccに変換されていました。
それ以外は問題なかったので、そのまま送信できました。
メールをキャンセルして宛先をBccに変更しなおす必要もありません。

初めて送信する宛先や久しぶりに送信する宛先をカラーサインで確認

カラーサインの設定を自動モードにしておくと、以下のように、宛先に応じて、自動でカラーサインを変更して知らせます。


意味 社外サイン 社内サイン
基本色 初めて送る宛先
安全色 いつもの宛先
注意色 久しぶりの宛先

例えば、Bさんは、よくメールのやり取りをするCさんを宛先にするつもりが、入力ミスで、よく似たメールアドレスのDさんにメールを送信してしまいました。
ところが、送信Alert画面のカラーサイン(下図)を確認すると、いつもの宛先に送ったつもり(安全色のつもり)なのに、注意色(久しぶりの宛先)で表示されました。

<送信Alert画面のカラーサイン>

メールアドレスをよく確認して、間違いに気づくことができました。

宛先に変更があったら警告メッセージで知らせる

複数の関係者へのメールに、いつもと異なる宛先が含まれていれば、警告メッセージを表示して知らせます。

例えば、管理者のCさんは、社外の人を含む関係者間で、よくメールのやり取りをしています。
あるとき、その関係者間の全員にメールを返信をすると、WISE Alertの警告欄(下図)に「初めて送信する宛先の組み合わせです。」と表示されました。

<WISE Alertの警告欄メッセージ>

宛先をよく見なおしてみると、関係者以外の見知らぬ宛先が含まれていました。
もし気付かずに送っていたら、その後、その見知らぬ宛先へもそのままメールのやり取りが続き、情報漏えい事故が発生していたかもしれません。

社員へのメール教育やメール運用ルールの徹底だけではメール誤送信がなくならない場合は、WISE Alertの手を借りて、安全にメールのやり取りができる環境を整えましょう。

メール誤送信対策についてもっと知りたい方は、以下のコラムページもぜひご覧ください。

◆送信の直前に必ず確認!宛先メールアドレス

◆配信ストップ!メールの一時保留でうっかりに備える

◆送信ボタンを押してからも添付ファイルの確認ができる!

◆特定のメールはポップアップで必読をお知らせ

◆標的型攻撃・ビジネスメール詐欺の罠にかからないために

◆送信ルールも自動で運用!上司アドレスCc付与機能

送信時に表示されるポップアップ画面で直感的に宛先メールアドレスの確認ができる WISE Alert は、20日間無料で使える評価版を用意しています。以下のページよりお申込みの上、評価版をダウンロードしてご利用ください。

無料評価版お申込み

WISE Alert カタログのダウンロードはこちら>>> WISE Alertカタログ(PDF)
その他、詳細資料も準備しています。以下のページよりダウンロードしてください。

製品の詳細資料

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

WISE Alert製品概要はこちら

資料請求のお申し込みはこちら

contact

お問い合わせ・
お見積もりはこちらから