株式会社エアー

こんにちはゲストさん

誤送信やビジネスメール詐欺にお悩みのみなさまへ

メールセキュリティ

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

メールセキュリティ

送信前の警告で誤送信を防ぐ
専用サーバ不要のシンプルな誤送信防止Outlookアドイン

設計思想・ 基本機能

送信前の確認・メールの一時保留で誤送信を防止!
クライアント(Outlook)インストールタイプのメール誤送信対策・予防ソフトウェア WISE Alert

WISE Alertは、Office 365やExchange Online、各種プロバイダやオンプレミスなど、ご使用中のメールシステムに依存しません。また、専用サーバは不要で、簡単に誤送信対策を始められます。

  • WISE Alertはメール送信時にポップアップを表示して、送信前の確認を促し、誤送信を防止するアドインです。
  • Outlookアドインタイプのクライアント型ソフトウェアでありながら、メールの一時保留(待機)を行うことができます。
  • 送信時に添付ファイルの自動ZIP暗号化を行う「ZIP暗号化機能」、宛先に指定されたドメインとメール本文中のキーワードを照らし合わせて警告メッセージを表示する「宛先ドメイン判定機能」も用意しております。
  • 送信前の確認/メールの一時保留/自動暗号化による誤送信の予防は、誤送信発生による信頼の失墜、業務コストの増大を未然に防ぐことにつながります。

誤送信防止機能

WISE Alertはメールの宛先が社外であったり、ファイルが添付されていたりする場合にチェックを促す警告画面(送信アラート画面)を表示することで、メールユーザ自身でメール誤送信対策を実施することを可能にするツールです。

< メール送信時に警告画面を表示させる条件として、以下の項目を設定することができます > 

  • 添付ファイルつきメールへの警告
  • 社外アドレス宛メールへの警告
  • 送信件数が多ければ警告
  • 件名が空白ならば警告

< さらに、以下の設定も可能です >

  • アラート原因の送信前チェック可能
    警告ウィンドウで、送信前にアラート原因を一つずつチェック
  • メール送信を一時的に保留
    送信トレイで一定時間経過した後、自動的にメールを配送

誤送信防止強化機能

上司アドレスを自動付与して送信

上司アドレスを登録しておくと、メール送信時、宛先に上司アドレスが含まれない場合、上司アドレスがCcまたはBccに自動付与されて送信されます。
これにより、社外宛のメールには必ず上司アドレスをCcまたはBccに指定するといったルールがある場合の、上司への送信漏れがなくなります。

 

送信アラート画面を強制表示

特定の宛先を登録しておくと、送信Alert表示条件にヒットしない時も、その宛先のメールの場合は送信アラート画面を必ず表示させることができます。重要な相手先を登録しておくことで、何重もの誤送信予防になります。さらに、強制アラートリストに登録されているアドレスごとに、警告文をカスタマイズできるようになりました。

 

NEW 送信アラート画面を刷新

「色設定」で条件と背景色を設定しておき、その条件にヒットするとウィンドウ背景色が指定された色で表示されるようになりました。例えば、外部宛てで添付ファイルがあるときに違う背景色で表示させることで、注意喚起できます。また、送信先ドメインも強調表示されるため、よりわかりやすくなりました。


ZIP暗号化機能(エンタープライズ版/スタンダード版)

・添付ファイルを自動でZIP暗号化し送信します。
・手動でのZIP暗号化の手間と、それに関わる労務コストを大幅に削減します。
・新たなサーバの設置や現在のシステム環境の変更は一切不要です。
NEW・zip以外の拡張子に書き換え、その設定の保持が可能になりました。

 

宛先ドメイン判定機能(エンタープライズ版/スタンダード版)

ドメインと本文内のキーワードをセットで登録しておくことで、不一致時に警告する機能です。
たとえば、「air.co.jp」と、「株式会社エアー」をセットで登録しておけば、「自動補完機能が有効になっていたため、エアー宛メールなのに宛先が他社の同姓の担当者アドレスに」「エアー宛のメールを流用してToを他社の担当者アドレスに変更したが、本文内の宛先を書き換え忘れた」などのうっかり誤送信時に注意を喚起することができます。

お知らせポップアップ機能(エンタープライズ版)

 WISE Alert導入環境同士で、「通知メールである」ことを指定してメールを送信した場合、その通知メールを受信すると、メールの件名・本文のポップアップ画面がデスクトップの最前面に表示されます。 
たとえば、情シス管理者がフィッシングメールの警告について、全社員に通知したい場合、本機能を使用すれば、全社員がメール受信時にポップアップ表示されるので、必ず目に触れ、注意喚起を徹底できます。

「働き方改革」支援機能(エンタープライズ版)

「働き方改革」の一つの柱である長時間労働の改善に向け、就業時間外のメール送信に対して注意喚起を行います。 出勤日や就業時間を登録しておき、ユーザがその時間外にメールを送信した場合、メッセージをポップアップ表示します。メッセージは状況に合わせて自由にカスタマイズできます。

運用管理機能

WISE Alertエンタープライズ版では、WISE Alertクライアントが提供する各種のメール誤送信対策機能に加え、組織で統一した運用・管理ができる「運用管理機能」が標準で提供されます。
誤送信防止ポリシーの一括設定に加え、警告画面表示ログの検索機能、メッセージカスタマイズ機能やエンドユーザのクライアントツールアンインストールの制御機能など、運用管理を支援する様々な機能があります。
さらに、使用していない機能のメニューを非表示にする設定も可能です。

製品タイプ

WISE Alert 製品には以下の3タイプがあります。

  • < エンタープライズ版 > 企業向け・運用管理機能付き
  • < スタンダード版 > 企業向け・運用管理機能なし
  • < ダウンロード版 > 個人のお客様向け

早わかりラインナップ比較表   ○:あり  ×:なし

エンタープライズ版、スタンダード版は5ユーザ以上からご購入いただけます。