株式会社エアー


  • こんにちはゲストさん

Wise Attach

メールの時間差配送・添付ファイルの自動ZIP暗号化
サーバ型誤送信対策ソリューション

活用シーン

map01

1

時間差配送

2

WISE Attachはクライアントに依存しないサーバ型製品

メールクライアントに依存せず、「添付ファイルの暗号化」、「メールの時間差配送」、「配信ブロック」機能を使うことができます。情報システム部にて運用するため、ユーザ側の負荷はありません。

3

自動ZIP暗号化/Webダウンロード

添付ファイルのWebダウンロード機能では、メール送信時に添付ファイルを分離し、本文と案内分を含むメールを送信します。メール受信者は、別メールで届くダウンロードURLと認証用パスワードを使って、URLから添付ファイルをダウンロードします。

4+5

運用例

WISE Attachは、様々なルールを設定することで、社内ポリシーに沿った柔軟な運用を可能にします。
ここでは、メール管理者やメールユーザに負担のかからない、メール誤送信防止の運用を紹介しています。

<シーン1>社外宛ての添付ファイル付きメールは暗号化する

社内ポリシー:
添付ファイルは、社内の人宛にはそのまま送信する。 社外宛にはパスワード付きのZIPファイルに自動変換して送信する。
その時の暗号化解除パスワードはその都度異なるパスワードにする。

ルール設定:
暗号ルール

<シーン2>特定の人が送信する社外宛てメールは一時保留する

総務部に所属する人が送信する社外宛てのメールは5分間配送を一時保留(待機)する。
待機中に送信者ツールから配送を実行しない場合は、メールは配送せずに破棄する。

ルール設定:
時間差配送ルール

ページのトップへ▲

<シーン3>Cc/Bccに上司アドレスが含まれなければ送信を拒否する

社内ポリシー:
営業部に所属する人が送信する社外宛てのメールは、Cc/Bccに上司アドレスが含まれていれば送信を許可する。
Cc/Bccに上司アドレスが含まれなければ送信を拒否する。

ルール設定:
ブロックルール

<シーン4>特定の会社には添付ファイルを保管し、それ以外は暗号化する

社内ポリシー:
社外宛ての添付ファイル付きメールは通常、暗号化して送信する。
ただし、得意先のA社には添付ファイルを保管して、ダウンロードするようにする。パスワードは指定のパスワードをいつも使用する。

ルール設定:
暗号・保管ルール

エアーの3ソリューションで
メールセキュリティ対策の徹底を!

3つのソリューションの組み合わせにより、
誤送信予防から万一の場合の証跡確保までの対策を行うことができます。
まず WISE Alertで送信者自身がメールの誤送信がないか確認し、
次にWISE Auditでメールを監視しつつ万一のためにコピーを保管します。
そして WISE Attachで添付ファイルを暗号化またはダウンロードにより安全に送信します。

※1 ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2016【内部漏洩防止型ソリューション編】」
  (2016年9月発刊)より

  • 活用シーン
  • 管理シーン
  • 導入事例
  • 製品情報キャビネット
  • 製品情報キャビネット
  • ご相談・ご質問・お問い合せ
  • お電話でのお問い合せ受付時間9:00〜17:30(土日祝を除く)03-3587-9221