株式会社エアー


  • こんにちはゲストさん

活用シーン

map01

1

安全なクラウドサービスの利用

WISE Encryptは、顧客サービス・カルテ・グループウエア・ワークフロー・メール・SNSファイル共有・プロジェクト管理など幅広い分野に対応するクラウド暗号化ソリューションです。
万一クラウド上の顧客データが盗まれた場合の被害を最小化します。

2

クラウド上のデータを暗号化し、暗号鍵を自社で管理

WISE Encryptの暗号・復号処理に必要なカギはユーザ側で管理することができます。 クラウド側にはカギを預けませんので、クラウド業者側では暗号化されたデータを解読することはできません。 これからは、ユーザ自身が「カギ」を管理する時代です。

3

クラウド上のデータを暗号化したままで部分一致検索や文字列ソートを行う

暗号化してもデータのソート・検索が可能です。
WISE Encryptは、クラウド上にあるデータをAES等で暗号化しますが、定型データについては、暗号化したままで検索やソートが可能です。また、Office系ソフトのファイルなど、非定型データについては暗号化されていることを意識せずに編集等の作業ができます。データベースの利便性を確保したままセキュリティ対策を行うことができます。

4

WISE Encrypt を組み込んだクラウドストレージセキュリティ対策ソリューション

NTTソフトウェア社の「TrustBindR/Secure Gateway」

<概要>

Salesforceと連携したクラウド向けデータ暗号化・ログ監査ソリューション

<利用モジュール>

【WISE Encrypt ライブラリ】

NTTソフトウェア社が開発・販売するクラウドサービスセキュリティ対策プラットフォーム「TrustBind」にWISE Encryptの暗号化機能を組み込み。

<目的>

クラウドサービスに保存されるデータと電子ファイルを暗号化し、万が一クラウドサービス上の機密情報が持ち出された際の情報漏えいリスクを軽減。

<メリット>

  • ・機密情報の暗号化/復号はゲートウェイで自動的に行われるため、一般ユーザは特別な操作をしなくてもクラウドサービスを利用することが可能。
  • ・暗号化したままで日本語の部分一致検索およびソートでき、検索性や閲覧性を損ねることなくクラウドサービスが持つ便利な機能を利用可能。
  • ・Webページからのクラウドサービス利用に加え、CSV形式ファイルの入出力・WebサービスAPIでのデータ入出力・クラウドサービスと他システム間のデータ連携など、幅広い形態で暗号化/復号機能を組み込み。
  • ・データ暗号化の鍵は利用企業側で管理・保存するため、利用企業主導でのセキュリティ対策を実現。
  • ・データ暗号化は、個人情報や機密情報など、必要な項目だけを選択して暗号化可能。

NTTソフトウェア社の「TrustBindR/Secure Gateway」はこちら>>

ページのトップへ▲

NTTソフトウェア社の「TrustBindR/Tokenization」

<概要>

トークン化によるデータ置き換えでクラウド上の機密情報を守るクラウドセキュリティ製品

<利用モジュール>

【WISE Encrypt トーカナイザオプション】

NTTソフトウェア社が開発・販売するクラウドサービスセキュリティ対策プラットフォーム「TrustBind」のトークン化エンジンにWISE Encrypt トーカナイザオプションを組み込み。

<目的>

クレジットカード番号やマイナンバーなどの機密情報を、元データとは一切の関連性を持たないトークンに置き換えてクラウド上に保存し、万が一クラウドサービス上の機密情報が持ち出された際の情報漏えいリスクを軽減。

<メリット>

  • ・機密情報のトークン化はゲートウェイで自動的に行われるため、ユーザは特別な操作をしなくてもクラウドサービスを利用することが可能。
  • ・個人番号や電話番号、メールアドレスといった文字列長や入力形式などの制約のある項目にも、柔軟に対応。
  • ・機密情報だけを透過的にトークン化または復元が可能。
  • ・トークン化されたデータ内容の検索を行なうことができるアプリケーション機能およびAPI機能も利用可能。
  • ・トークンと元データのマッピング情報は利用企業側で管理・保存するため、利用企業主導でのデータ保護を実現。
  • ・ゲートウェイとして動作するため、Salesforceをはじめとしたクラウドサービスやオンプレミスの社内システムにも利用可能。

NTTソフトウェア社の「TrustBindR/Tokenization」プレスリリースはこちら>>

富士通システムズ・ウエスト社の「NESTGate」

富士通システムズ・ウエストが開発・販売する「Fujitsu ビジネスアプリケーション NESTGate」(ネストゲート)に、【WISE Encryptライブラリ】【トーカナイザオプション】が組み込まれています。

「NESTGate」について

パブリッククラウドや業際においてパーソナルデータなどの情報を安全に利用するためのゲートウェイ型情報漏えい対策製品です。
通信回線上で情報を秘匿化する形態により、システム改修コストを最小限に抑えつつ、大切な情報を保護します。
秘匿化後の情報を復号・復元するために必要な暗号鍵などの情報は、利用者側が管理・保存する運用のため、情報が万一漏えいしても元情報へのアクセスリスクを最小限に抑えることができます。
本製品は、SalesforceをはじめとするクラウドベースのCRMソリューションの情報漏えい対策やマイナンバー制度施行に伴う個人情報の保護など幅広いシステムのセキュリティ強化にご利用いただけます。

富士通システムズ・ウエスト社の「NESTGate」はこちら>>

  • WISE Encrypt
  • WISE Gateway
  • airDrive

クラウドの安全な利用 に、エアーの【暗号化技術】が効果あり!

暗号化ライブラリWISE Encryptなら、暗号化されたクラウドデータでも検索やソートが可能で利便性が保たれます。しかもその暗号化の鍵は、利用者が管理できます。

WISE GatewayはGoogle Drive・box などのWebDAV 対応クラウドストレージのデータを自動的に暗号化・復号化します。Windows Explorer でファイルの操作が可能なため、専用クライアントは不要です。

既存のWebDAV対応クラウドストレージサービスと連携するだけで、ユーザ側で暗号鍵を管理しながら暗号化し、ストレージにデータを預けることができる無料のサービスがairDrive(エアードライブ)です。

  • 活用シーン
  • 管理シーン
  • 設計思想と基本技術・基本機能
  • 使用モデル
  • 導入事例
  • 製品情報キャビネット
  • ご相談・ご質問・お問い合せ
  • お電話でのお問い合せ 受付時間9:00?17:30(土日祝を除く)03-3587-9221